50代からの薄毛の症状を改善するには|様々な製品が開発されている

薄い毛を増やす

女性

毛が薄くなる原因

性別に関係なく、50代位になると薄毛の悩みを抱える人が多くなります。しかし、まだ年齢が若いうちから毛が薄くなってしまう人もいます。頭髪の量が減って地肌が見えてしまうようになると、実年齢よりもグッと老けて見えてしまうため、年齢が若ければ若いほど、悩みがより深刻になります。一口に薄毛と言っても、抜け毛の量が増えて髪の毛の本数が減ってしまう場合と、本数は変わらずに髪の毛が痩せて細くなってしまう場合とがあります。薄毛になる原因としては様々なものが考えられますが、代表的な説には以下のものがあります。それは、血液循環不良説・脂漏説・男性ホルモン説・頭皮緊張説の4つです。実際には、1つの原因だけで毛が薄くなっているのではなく、いくつかの原因が互いに作用し合って薄毛を引き起こしているケースが多いと言われています。また、50代以上の場合は疾患が原因で薄毛になることも多いと考えられています。

肝心なのは対策

薄毛になりたくないのであれば、髪の毛の量が減ってしまう前から頭皮ケアを励行して、健康な頭皮環境を保ち続ける努力をすることが大切です。荒れ果てた畑で良い作物を収穫することができないのと一緒で、不健康な頭皮に元気な髪の毛が生えてくることはありません。年齢が50代にもなると、多くの方の頭髪が不毛地帯になってしまいます。一度環境が悪くなると改善するまでに時間がかかるため、気づいた方は出来るだけ早めに頭皮ケアを行うようにしましょう。一方、既に薄毛の症状が目立っている場合は、育毛剤を用いてセルフケアをしたり、医療機関を受診して薄毛治療を受けるようにするとよいです。ただし、先程も言ったように50代以上の人の場合は薄毛の影に他の疾患が隠れているケースが意外に多いので、まず医師に診てもらうようにした方が安心できます。